コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

夢の新技術が実現した

電力や内燃機関は石油を必要としない技術が次々に発表されている。

家庭用の水道水を燃料にする発電機が開発され、
安全性を高めた一般家庭用も近いうちに発売されるそうです。

水道から水を濾過し余分なミネラル成分を除去し、
タンクに貯蔵する。その水を電気分解し、水素と酸素に分離する。
インジェクションによって水素と酸素を2:1で燃焼室に噴射する。
次の行程では燃焼室内の静電気発生装置により、
その"爆鳴気"に点火する。
燃焼室内部は、特殊な保護膜でコーティングされた圧電素子で
覆われており、急激な反応の繰り返しによる音(衝撃波)で発電する。

この技術は、日本のメーカと北欧のメーカの複合体による
プロジェクトチームにより開発された。

また、内燃機関については、燃料タンクとパイプ系、
インジェクションシステムと点火プラグの交換だけで、
水を燃料にすることが可能になりました。
エンジンブロックをそのまま利用できる事から、
自家用車を改造するキットの販売も各自動車ディーラから
提供されることになったようです。

"爆鳴気"については以下のサイトを参考にしてください。
http://www.iwatani.co.jp/jpn/h2/faq/faq.html
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。