コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

運動会の季節

秋です。運動の秋ですね。雨ばかりでうんざりもしますが。

小学生の頃の思い出ですが、運動会では紅白に別れて競い合っておりました。
クラスの中でも、赤と白に別れた瞬間に、それまでは仲の良かった友達同士が敵対したりしてました。
本人たちは、目の前の敵の赤のヤツとか白のヤツしか目に入っていませんでした。
紅白に配分したのは、先生方なのですが、そんなことは頭の片隅にも入ってなかったと思います。
クラスでも、特に声の大きいヤツが、「赤のヤツらめー」とか「白のヤツなんか」とか言ってましたね。
周りもそれに乗せられていました。
騎馬戦やら、棒倒しやら、玉投げやら、毎年けが人が出るのにやらされてましたね。

どちらかというと、芸術の秋の方が好きですね。
先生方が配分しないで、自由にできればもっとよいです。
大人になって思うのは、先生も先生で悩んでたんだろうなということです。
地球人社会は、以上のようなことの積み重ねで曼荼羅模様となっているのでしょうね。

ウンモ星でも、現在のような戦争がない統制がとれた社会になる前は、
独裁者によって虐げられていた時代がありました。
そのときに搾取されていたのは、お金ではなく、科学技術でした。
科学者でない者は肉体労働で、科学者は研究労働です。
研究成果が上がらない場合は、処刑されました。
この恐怖社会に終焉を打つために、地球でのキリストのような存在が現れました。
彼は、ウンモ星の人々の集合意識に問いかけることができたそうですが、
それ以上に実際の人々との対話を重視しました。

後に反逆行為でこのキリストのような存在は、処刑されました。正確には”消滅”しました。
しかし、ウンモ星の人々は、その後この独裁者を打ち倒し、現在につながるウンモ社会の礎を築きました。
この独裁者は、実は14歳にも満たない女の子だったのです。
地球人が想像もつかない事ですが、行政官や警察官などの要職は、全員年端も行かない子供だったのです。
奴隷にむち打つのも子供、処刑するのも子供です。

ウンモ星人は、本能的に全体主義であり、個人が奮い立って社会に意義を唱えるのは思いもつかないために、
このような独裁に甘んじて行ったそうです。
この独裁者とキリストのような存在は、突然変異だったそうです。

地球の方々は、あきれるでしょうが、どうでしょうか?あなた方の先生の本質は”子供”ではないですか?
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー

地球の技術力なら、システム次第でユートピアは充分可能です。

日本が滅ぶ、世界が滅ぶ、崩壊、破滅うんぬん…
あなたがたは、想像力を欠如させてしまうような言葉に囚われてはなりません。
あなたがたの論理性は、他の惑星の種族と比べると低いのですが、芸術性は群を抜いています。
芸術は想像力なくしては成り立ちません。あなたがたは、想像力によって未来を作る力があります。

しかし、論理性なくしては、想像力をどの方向に活かすべきか分かりません。
身近な事から考えましょう。この国で実現できそうなことです。
あなたがたが、経済力の指標として崇めている自動車ですが、規制して生産台数を減らしましょう。本当に必要な個人や事情によって使用するようにします。

ここで、想像してみましょう…
多くの方は、自分の生活が不自由になるという恐れから、それ以上の想像へと向かう道を閉ざす事でしょう。
または、速い車カッコイイ車オレの車といった方も同様に固執するあまりに憤慨することでしょう。
まず、自動車が減る事で道が空きます。渋滞がなくなります。駐車場が必要なくなります。交通事故が減ります。ガソリンといったエネルギーへの依存度が減ります。

移動する事の不便さは、乗り合いバスのネットワークを密にすることによって解決します。
また、新交通機関を作るのもよいでしょう。
バス停に立つだけで、システムが瞬時に判断し、1分と待たずにバスが来る。
乗って来た自転車をそのまま運べる路面電車、天候に左右されない台風にも堪えられるモノレール等。
今まで、家に閉じこもってきた高齢者や障害を持った方、自動車の運転が出来ない方、そういう方々が自由に何処にでも行けるようなシステムを作る事は、今の技術力で十分可能ではないでしょうか。

次に、あなたがたが妄信しているGDPですが、ベスト10圏外に落とします。
「モノつくり」を戦国武将の軍旗のごとく掲げる必要はありません。
大量生産ではなく、必要な「モノ」を必要な「分」だけ生産するようにします。
ここで、食料自給率を100%にするための対策として、午前中は各家庭で畑を所持し畑仕事にいそしむことにします。所持できない方は、共同農場で畑仕事をします。これで、輸出して稼いだ金で食料を海外から買うという危険な依存から脱することができます。労働中毒の方も他の人の分まで耕すことで感謝されることでしょう。
畑仕事の片手間として「やるべき仕事」に従事します。

流通も、今の運送会社の人材投入詰め込みスピードシステムをロボットにより改善します。
ジムに通うのが好きな方には、ボランティアで存分に汗を流してもらいます。

上記に挙げたシステムによって、住む場所の選択の自由度も上がる事が期待できます。
交通機関が無いから不便だということがなくなるからです。
街という概念も過去のものとなるかもしれません。

無駄な労働をしなくなり余った時間ができます。学問、芸術、発明、運動、遊びで得られたノウハウを海外に輸出します。その対価として様々な資源が日本に送られてきます。他の国々も日本に憧れ、参考にし、自国のシステムを改善します。

別の国に行けば、他の惑星に来たのと同様なほどに、相違が激しい地球です。他の惑星でもここまで多様性の激しいところはありません。壁の無い地球を実現する事は、非常な困難を伴います。
このことに対して、地球の方々がどのように想像力を働かせていくのか、宇宙の他の種族は注目しています。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

東京ピラミッド計画

東京妄想新聞 3/26の記事より

石原都知事は、26日、東日本大震災のがれき処理を北九州市が検討することを高く評価。焼却後の廃棄物を超硬レンガにする技術を北九州の民間企業が持っていることから、「この超硬レンガを使って、都庁の隣にピラミッドを建設したらいいんだよ」と記者会見で発言した。荒唐無稽な発言にも思えるが、過去に大手建設会社の東京湾ピラミッド計画も提唱されていたことから、関係筋では十分あり得るとしている。しかし、廃棄物から出る放射線が心配される。同様の質問を記者が行ったところ、石原都知事は、「低線量の放射線は、健康にいいそうじゃないか。東京スカイツリーの健康電波と東京ピラミッドの健康放射線で、都民はみんな健康になれるんだよ」と発言した。これを受けて、大阪の橋下市長は、「東京がピラミッドなら大阪は、前方後円墳を建設しますよ。労働力なら大阪の公務員やら、起立しない教師やら、ドヤ街の連中に労働義務を与えますので心配いりません」と迎合か対抗かわからない発言を行った。また、都知事は付け加えて「カナダ沖で漂流している日本の漁船は、『太陽の船』ということにしちゃってだねえ、曳航しちゃえばいいんだよ」とも語った。

古代エジプト研究の第一人者である国立エジプト考古学研究所のサクージ・ムラヨシワン博士は、「スフインクスの顔は誰にするのかね?」と語った。

以下、東京湾ピラミッド計画です。

このページのトップへ
コンテントヘッダー

ウィングメーカーが新書で復活

ウンモが手紙攻撃なら、ウィングメーカーはWEB攻撃といった感じですね。
その哲学は、弥栄に通じるものがあります。

以下の日本語フォーラムに記事があります。
http://wingmakers.jp/
http://wingmakers.jp/cgi-bin/patio/read.cgi?no=905

以下よりAmazonにリンクして購入できるようです。
http://www.h4.dion.ne.jp/~doufaufa/wingmakers/recommendation.htm

テーマ : ブログ
ジャンル : ブログ

このページのトップへ
コンテントヘッダー

地球人の呪縛

彼氏、彼女がいるから東京から離れられない。家族を食わせないといけない。
3年後は隠居して店を息子に任せよう。この仕事をやり遂げないと迷惑をかける。
正常な未来のために頑張ってるんだ。いつ来るかどうかわからない異常な未来のために、すべてを投げ出すなんて考えられない。
確かに、東北大震災はあったよ。ネットでも凄い動画やってたよね。まあ、嫁さんも頻発する地震で地震酔いになってナーバスになってるさ。俺は冷静に対処してるさ。起こったら、起こったときだろ。

こうなると、エールを送るか非常持ち出しセットを送るしかないでしょう。説得しようとしても溝は深まるばかり、2000年問題でもバカ騒ぎしちゃったしね。
事が起こって、瀕死の状態になったら、「ほらね」と手を差し伸べるしかない。まあ、こっちも無事じゃないとできないけど。怒るだろね。余計なお世話だと。
手を差し伸べられるように、準備をしとかないといかんですね。
このページのトップへ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。